転職活動は、面接を実際に受けて初めてわかることも数多くあるものです

転職は、応募がすぐに入社とは限りません

 転職活動では、本格的な活動前からも自分の棚卸し作業があったり、活動中も応募書類の作成や面接準備など時間もかかります。前職での経験から、次こそは願望の叶う会社をと、肝心の応募にも時間をかけてしまう方が意外と大勢いらっしゃるようです。

 

 しかし、応募がすぐに入社とはなりません。入社かどうかを検討するのは、内定通知書をもらってからです。中途採用の場合、各企業によっても異なりますが、求人の掲載期間が短いところもあります。慎重に考えすぎて、行動を起こそうと思った矢先に募集が終わってしまったという例も珍しくありません。まずはとにかく行動する、このことを常に心がけましょう。

 

面接はその企業の生きた情報を受けられるチャンスです

 企業というのは、ホームページなどでオープンに公開されている情報もありますが、やはりその会社の中を見て、従業員の方と話をしてみないと、真の情報というのはわかりません。つまり、面接を受けることで初めてわかることも数多くあるものです。面接を受けるかどうかで初めは迷っていても、面接中から急にその魅力に引きつけられ、どうしても入社したくなったという方も大勢いるのです。

 

 転職は慎重さももちろん重要ですが、行動し、五感で確かめることはもっと重要です。頑張ってください。