転職は自己を見つめ直す機会です

 場合によっては転職をしない方がいい場合もありますが、人間は感情を持った動物なので、感情に流されるまま転職して失敗する方が多くいます。転職する場合に大切な動機ですが、本当にその動機が自分の人生をよくする為の動機なのか考えてみる必要があります。

 

 自分の動機を自覚して、明確な目標を持っているなら転職を進めるのもいいでしょうが、例えば面接官に動機を訪ねられたら、簡単に言葉が出ない場合は少し転職を待った方が良いかもしれません。転職動機を聞かれて、漠然とした「スキルアップのため」などと答えている場合は、考え直した方がいいでしょう。

 

 自分の心を観察することは、自己分析につながるので大切な事です。しかし観察しても、明確な理由がわからない転職では、うまくいく事はないと言えます。

 

 もちろん転職の理由が今の現状から逃げ出したい事もあるでしょう。それは転職の動機としては、問題ないと私は考えます。漠然とした理由ではないですから。スキルアップと誤摩化すよりも、自分を見つめ直し転職という行動をする事は前向きと言えます。

 

【関連ページ】
30代 転職サイト
30代に必要な仕事探しのコツがたくさんある転職サイト!

 

全日本年金者組合ホームページ

 

 仕事は会社の為でもありますが、自分の人生の為と言えます。自分の人生をよくする場合は、素直な行動をする事です。自分にウソを付かないように、転職するようにしてください。誤摩化した理由では、いずれ再転職する事になるでしょう。自分を見つめ直す機会にもなる転職で、人生をもっと豊かにしましょう。