介護職での転職

 私は結婚、出産、子育てを経て、再び社会へ出て介護の仕事に就きました。昔からの夢だったので、介護職に就け満足でした。かといって独身の時には、別の業種についていました。

 

【お役立ちサイト】
http://xn--40-df3c00ojqsxs0cgdv.net/
40代後半からの転職。体験談、求人エージェントの選び方、転職関連情報はこちらへ。

 

 介護をし始めて10ヶ月後に違う施設への転職を考え活動し始めました。社会復帰後すぐに入社した会社をたった10ヶ月で転職するということに不信感を持たれるのは当たり前で、もちろん退職理由を面接時に聞かれました。「現在働いている職場は、忙しさのあまり介護の資格の勉強ができない状況です。なので転職を考えました。」正直にと答えました。

 

 実際、私の働いていた職場は人手不足などの問題で介護もずさんで、指導者もおらず、忙しさにかまけて入居者とのコミュニケーションもなかなか取れない状況でした。また、私の力不足の問題なのですが仕事量についていけず、介護の仕事がキライになりかけていたのです。職場を変えて一からやり直したいと転職を考えました。

 

 しかし、介護の世界では、雇用する際に資格の有無を問われます。私はヘルパー2級しかもっていなく、正社員希望で面接を受けたのですが、介護福祉士の資格を持っていない為準社員雇用しかダメだと言われたのです。準社員では貰える手当の違いやボーナスの違いが大きくあり、「少し考えます。」と一度返事を持ち帰りました。しかし、今のまま仕事をしていても精神的に辛いと思い、準社員雇用を受け入れる事にしました。今では、新しい職場で楽しく働いているので金額的な違いはありますが、今の状況に満足しています。