転職で会社を辞める時は、得な時期をしっかり考えましょう

転職をする際、いつ現在の仕事を辞めるのが1番得かを考えるべきです。

 

もちろん新しい職場で働き始める時期との関係もありますが、出来ればこれまで働いてきた会社で貰えるものは全て貰ってから辞めたいと思う人も多いのではないでしょうか。

 

まず、ボーナスはしっかり貰っておきたいところです。一般的に毎月の給料支給については、雇い主は一定の日に支払わなければいけないなどということが法律で決められています。でも、賞与についてはこのような明確な規定は無いため、それぞれの会社で自由に支払日などを決めることが出来るのです。

 

ですから、自分の会社では賞与がどのような条件の下支払われるかを事前にチェックしておく必要があります。

 

例えば「賞与支給日に在籍していること」などという条件があった場合、例え前日まで在籍していたとしても支給日に退職してしまったら受け取ることが出来なくなってしまいます。会社側としては「出来ればこれから会社を辞める人にボーナスを支給したくない」と思いがありますから、支給日前の退職を促される場合もあるので注意が必要です。

 

又、退職金にも同じことが言えます。退職金は勤続年数によって支給対象が制限されていることが殆どです。勤続1年以上が条件となっていたのに、11ヶ月目で退職してしまったため受給出来なかったとなると大変残念です。

 

更に、勤続10年未満は7割支給、10年以上は10割支給など、勤続年数が支給金額にも影響を及ぼす場合がありますので、その点も規定等で事前に確認し、もらい損ねることの無いようにしたいものです。

 

参考情報
女性の転職|成功を戦略に考えるサイト
女性が転職活動を開始するためには準備が必要

 

ブルームバーグ - 世界の最新経済情報/金融ニュース ? Bloomberg.co.jp
日本の経済について