60歳を目前に会社をやめて転職


 私が今のラーメン屋で働くようになったのはちょうど2年前です、当時3年ほど営業職を続けていたのですが、ノルマに追われる生活と平身低頭が常のこの会社に勤めていく事が苦痛に感じ、60歳を過ぎて転職を決意しました。
 正直な話、求人を見つけてから退職するというのが理想なのでしょうが、一度まとまった休みも欲しいと思ったということもあって、まずは退職をすることにしました。

 

 そしてひと月ほどせわしない日々から距離を置いた生活を送りました。

 

 その期間は私にとってかなり新鮮でまた、自分を見つめる良い期間になったように思います。

 

 自分は何がしたいのか、どんな職に向いているのか、学生時代以上に真剣に考えました。

 

 そうして出た結論が自分の店を持ちたいという事でした。

 

 実際アルバイト経験含めて飲食店で務めたことはなく、ほとんど未知の世界ではありました。

 

関連記事ページ
60歳以上 求人 xn--60-rv2c20apgl83nqgb.asia
60歳以上の求人が多く掲載されている求人サイトの紹介があり、Q&Aで疑問解決もできます。

 

 ただ自分がしたい事だということが明瞭になったことでモチベーションは高く積極的に動くことができました。

 

 一番好きだった料理、それがラーメン屋であったので日本一美味いラーメン店を作ろうと決意し、それに向けてまずは修行が必要だろうと考えたのです。

 

 自分の向かうべき道が決まった後は様々な有名店へ飛び込みで何度も雇ってくれと頭を下げました。

 

 こんな時営業していた経験も無駄じゃなかったなぁと思いました。

 

 そして今某有名店の本店にて修行2年目、60歳だがまだ自分の夢への道はぶれず、ゴールの灯りがどんどん大きくなり形がはっきり分かるようになってきました。

 

 まだまだやらないといけないことが山のようにありますが、必ず達成出来るようこれからも頑張っていくつもりです。