英語力に関する就職求人情報

 インテリジェンスが運営する転職サービス「DODA」では2005年1月〜2013年5月の、就職求人情報約20万件をもとに企業が求める英語力について調査を行いました。それによると驚くことに簡単な読み書きや会話ができる初級レベルの英語力を、求人の応募条件にしている企業の割り合いは2005年の4.2%から2010年には50%にもなっています。さらに2013年ではその割り合いが、約60%にまで増えていることが分かりました。さらにビジネス英語力があるといわれているTOEICスコア800点以上についても、2005年の1.0%から2011年には28.6%までその割り合いが増えています。

 

英語力だけでなくプラスアルファ

 ただ2013年1月〜5月の新規求人数は前年と比べると7.8%の増加でしたが、英語力を必要とする求人数の増加は3.9%に留まりました。さらに2011年までは英語力を最優先する企業が多かったのですが、最近では英語力は入社した後の研修や学習でも身につけられるという企業が増えているのも特徴です。そして英語力よりも仕事の専門性や、仕事の進め方に関する能力や人との関わる方のほうが重視される傾向にあります。DODAでは今回の調査結果からこれからは英語力だけが武器になる時代ではなく、自分のキャリアの価値を高めるために英語力にプラスアルファしたスキルアップが大事だと分析しています

 

本当のグローバル化の時代に突入

 この就職求人情報からも分かるように、英語力だけでなく他のスキルや能力が求められています。語学力も英語だけでなく英語と中国語とか英語とインドネシア語とか、複数の言語が理解できないと海外で仕事をするのが難しくなっています。それと海外で仕事をする場合には言葉だけでなく、日本との文化の違いや国民性も理解できないといけません。日本人はこれまでは海外に根付くことが少なく、海外で儲けても現地に還元することを行っていませんでした。そろそろ本当のグローバル化の時代に、日本も突入し始めたようです。

 


http://xn--gmqq4uz9c82fdmr1s2a.net/
[就職求人情報サイト人気ランキング]