安部政権に代わって景気の回復から、中高年の求人も増えている


 たしかに民主党時代と比べると、安部政権に代わってからは景気回復の兆しが見えるのは事実です。しかしすべての業界で中高年の求人が、増えているわけではありません。安部政権つまり自民党になって安部首相が推し進める経済政策のお陰で、それまで円高が続いていたのが円安となり輸出関連の会社などでは売り上げが上がっています。

 

 そのためトヨタなどの自動車メーカーや、輸出関係のメーカーなどは軒並み業績を伸ばしています。これらの産業では中高年の求人が増えているのは事実です。さらに安部首相が推し進める大胆な金融政策と公共事業の予算組みで、全国各地の建築会社や土木関連の会社などは積極的に求人を行っています。

 

 また東日本大震災で被災を受けた、東北地方の復旧へ向けた求人も多く目にします。しかし一方では半導体メーカーや電器メーカーなどでは今でも経営改善が行われていて、求人どころかリストラなどの人員削減が相変わらず行われています。また安部首相が経済界へ異例の賃金アップを要請しましたが、それに応じたのはわずかに20%程度です。

 

 多く企業では今の状況が本当の景気回復なのか、もうしばらく様子をみて判断したいと考えています。そのため一部の業界で中高年の求人が増えているのは事実ですが、中高年の取り巻く転職状況は厳しいと言えます。そのためもし転職を考えているのであれば、慎重に行動されることをおすすめします。

 

 あと日系企業で海外であれば、中高年の求人も最近は増えています。