転職就職サイト情報ナビ

転職サイト比較ランキング

1位 リクナビNEXT
2位 はたらいく
3位 マイナビ転職エージェント

 

転職活動は情報が命!

転職しようと気持ちばかり焦っても、情報がなければ空想の中でご飯を食べるのと一緒で身にはなりません。実際どんな求人が出ていのか分からなければ、志望動機も書けませんし、仮に書けたとしてもそれを何処にアピールするというのでしょうか? 加えて転職の心構え…志望動機や職歴書の書き方、面接時の応対術等…の情報を得ることも大切なことです。残念なことに有名大学を出ても内定を貰うことすら難しい構造不況の中にあって、如何にして試験日時の報告を受けるかがまずは目標になります。そのためにも、より自分の心を掻き立てる求人情報を知ることで、応募書類の文字に力が込められますし、あなたの意識もまっすぐに求人企業へと向かい、見事転職成就の報も加速度を増してくるようになるのではないでしょうか。

 

転職活動は大変?

構造不況下での転職活動を、在職しながら行っている人は少なくないようです。生活費を確保しながら、ブランクを開けずない…という一つの思いは、求人数の相対的な減少傾向の中で転職を決意した人にとっては賢い選択と思います。さて、転職活動は体力と気力の勝負です。偏にこれに尽きます。買手市場ですから、長い時間を掛けて応募企業を調べ上げ、志望動機に頭を使っても面接に呼ばれることは稀で、運よく呼ばれれば使い捨てになるかもしれない交通費を使い、緊張に心を痛め、心の中でセリフを繰り返す…。こうしてもなかなか決まらない。まさに体力と気力の勝負です。ある人は「(求人の有無は別にして)50になったら、転職なんて御免だ。体力が持たないから…」といいながら、40過ぎの転職を決意した知人がいたほどです。

 

コンサル系の転職支援サイトを利用するメリット

熾烈な就職活動の中でやっと採用の吉報を手にし、大卒後予定通り就職しても、3年足らずで退職していく者が増えていると聞きます。実際この割合がどうだということより、「大学を出てみたけれど…」と就職先のないことを憂えた戦後間もない頃より就職が困難といわれる現在の苦境を乗り越えた経験を持った者が、いとも簡単に辞めていくという現実の方が問題ではないでしょうか? こうした人は若さだけで誇れる実績もスキルもないことが多く、独力ではなかなか転職先に辿り着くのは難しいでしょう。若さは、大卒者の就職困難という現実が、殆ど意味のないことを証明していますし。コンサル系の転職支援サイトは、一般にこうした若者自身にも気付かない潜在的能力の引き出し方が得意ですし、それを転職に活かす術も心得ています。偏に人材紹介オンリーで成り立っている企業にとって、転職希望者はまさに利益の源泉足り得る存在なわけですから。

 

お勧めの転職サイト:
金融転職の道|初心者向き転職サイトマニュアル